稼ぐ為の考え方

【働き方】4つの働き方「ESBI」とは?お金持ちになるにはキャッシュフロークワドラントを理解するべき!

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフロークワドラントESBIについて解説した画像
こんなにせっせと毎日働いているのに、なんで給料は少ないんだ…

この記事を読んでいるあなたも一度はそんなことを思ったことがあるでしょう。

必死に汗水流して働いても収入は増えない…、なんて人もいれば、全く働いていないのに高い収入を得ている人もいます。

では、一体何がこの違いを生んでいるのでしょうか?

今回の記事では、そんな「働き方」にフォーカスを当てて、世の中には一体どんな働き方があるのか?

それを、“キャッシュフロー・クワドラント”という概念、「ESBI」という世の中の働き方をわけた考え方に沿ってお伝えさせて頂きます。

キャッシュフロークワドラントとは?

まず最初に、キャッシュフロークワドラント、また「ESBI」とはどういったものなのかをお伝えします。

キャッシュフロークワドラント、「ESBI」は、ロバートキヨサキ氏著書『金持ち父さん貧乏父さん』の中で提唱されている、世の中にある働き方を”収入の得かた”で分類した概念です。

お金持ちの働き方キャッシュフロークワドラントESBIについて解説した記事の金持ち父さん貧乏父さんの本の画像

まず、キャッシュフロークワドラントとは

  • キャッシュフロー=収入の得かた
  • クワドラント=四分割したもの

といった意味で、この、四つの収入の得かたを分けたものの頭文字が「ESBI」です。

  • E=Employee(労働者)
  • S=Self employee(自営業者)
  • B=Business owner(ビジネスオーナー)
  • I=Investor(投資家)

収入を得る方法は、「ESBI」の4つのどれかに必ず当てはまります。

そして、お金が稼げるか稼げないかは、4つのクワドラントのどこに属するかで、大きく左右していきます。

働き方が違えば収入の得かたも違うってことだね!

では、その「ESBI」のそれぞれの特徴についてお伝えしていきます。

Employee (労働者)

労働者とは、企業に雇われて給料を得る収入の得かたをしている人のことです。ですので、企業に雇われて給料(報酬)を得ている人は全員「Eクワドラント」です。

「Eクワドラント」の人の特徴は以下の通りです。

  • 「時間」を切り売りして収入を得ている
  • 「労働力」を切り売りして収入を得ている
  • 人生の主導権が自分ではなく、勤め先の企業にある

「時間」を切り売り収入を得ている

労働者は収入を得るために時間や労働力を切り売りしています。ですので、必ず会社に時間を拘束されることになります。

さらに、朝何時に出社して、何時まで働かなくてはいけないという、勤め先の会社によって決まりやルールがあるため、必然的に自由な時間は少なくなります。

「労働力」を切り売りして収入を得ている

労働者は「月給20万円」と、“労働力”を切り売りして収入を得ています。

この収入の得かたでは、自分の労働力を切り売りしないとお金は得られないので、働く時間を増やさなければ収入は増えません。

しかし、働く時間を増やすと言っても限りがありますよね。1日は誰しも平等に24時間と限りがありますからね。

労働時間を増やした所で、大きく収入は増えないですし、企業に決められた報酬体形の中で収入を大きく上げる事は難しいのです。

人生の主導権が自分ではなく、勤め先の企業にある

会社に雇われて給料を得ている以上、基本的には会社中心の生活になります。

会社から、「交代制で」と言われれば従って、勤務時間を変えなくてはいけませんし、急に会社をクビになったりしてしまうこともあります。

好きな時間に働いたり、自分が心の底からやりたいと思えるやりがいのある仕事をすることは基本的には難しく、勤め先の会社にやることを決められます。

給料上げて欲しいって思っても限度はあるし、雇ってくれている会社の命令は絶対だからね…

Self-employee (自営業者)

自営業者とは「自分で事業」を行っている人のことです。

個人で飲食店やサロンなどのお店を経営している人や、独立して何かサービスを提供している人は「Sクワドラント」です

「Sクワドラント」の人達の特徴は以下の通りです。

  • 自分の「時間」を切り売りして収入を得ている
  • 自分の「労働力」を切り売りして収入を得ている
  • 人生の主導権は自分にある

自分の「時間」を切り売りして収入を得ている

自分一人のお店を経営しているので自分が働かないと収入は発生しません。ですので、自分がどれだけ働くのかで収入が決まります。

たくさん稼ぎたいのであれば、その分自由な時間は少なくなっていきます。

自分の「労働力」を切り売りして収入を得ている

自分が働いた分が収入になるので、労働力を切り売りしていきます。ですので、もちろん労働力を増やさなければ収入は増えません。

人生の主導権は自分にある

ここが少し労働者とは違い人生の主導権は自分にあります

仕事内容、休暇、働く場所、環境も全て自分で決めることができます。

ですが、もちろん働かなければ収入は入ってきません。その為、自由な時間を存分に確保仕切ることは難しいと言えます。

自分の好きな事はできそうだけど、できればもう少し楽をしたいな…

あと、年齢を重ねて働けなくなっても大丈夫な状態にはしておきたい…

Business owner(ビジネスオーナー)

「ビジネス(事業)を所有する人」のことを言います。

例えばお店のオーナー、サロンのオーナーなど、基本的に現場には出ずに事業に出資をしたりして、その事業の「権利」をもっている人です。

「Bクワドラント」の人達の特徴は以下の通りです。

  • 権利収入が得られる
  • 自由な時間がある
  • 人生の主導権は自分にある

権利収入が得られる

ビジネスオーナーが事業の出資をすることで事業の基盤を作り、労働者を雇う立場となり、その事業の権利を所有します。

ですので、その事業で発生するリスクも全てオーナーが背負う半面、発生した利益もオーナーへと支払われます。

ビジネスオーナーは直接自分が働かなくても、自動的に収入が入ってくる仕組みを持つことができます。

そして、収入が発生する仕組みをたくさん作ることで、収入を増やしていくことができます。

自由な時間がたくさんある

人を雇い、事業を任せていくので、自分が直接働くことはありません。そのため、自由な時間が多くあります。

人生の主導権は自分にある

何をするにも全て自分で決めることができます。

さらに、時間が有り余るほどあるので、別の事業を始めたり、家族との時間を過ごすこともできるのです。

自分以外のものが収入を作ってくれるから自分は何もしなくていいって事ね!

これなら自分のやりたい事をしながら、余った時間で趣味も楽しめそうだね!

Invester (投資家)

投資家は、株や不動産などに投資をすることで利益を得る人のことを言い、お金でお金を生み出して、収入を得ることができる人達を指します。

「Iクワドラント」の人達の特徴は以下の通りです。

  • 権利収入が得られる
  • 自由な時間がある
  • 人生の主導権が自分

権利収入が得られる

投資家が事業に出資をすることで、その事業で発生した利益の一部を報酬として得られる権利が発生します。

最初に出資したお金を元に事業が拡大していけば、利益の数パーセントが投資家の収入となるのです。

事業に出資をするだけなので、その後の労働などは一切必要なく、自動的に収入が入ってくるような仕組みを作ることができます。

このような事業の利益の一部を得る事のできる「権利」を増やすことで、自身の収入も増やすことができます。

自由な時間がある

もちろん自分が働くことはなく、不動産や株など、自分ではなく、投資したものが利益を生んでくれるので、時間は自由に使う事ができます。

自分の労働力や時間を切り売りせずに、収入を得ることができるのです。

人生の主導権が自分

有り余るほどの自由な時間とお金があるので、自分の好きなことに時間とお金を費やす事ができます。

自分の人生を全て自分自身でコントロールすることができるのです。

ビジネスオーナーと似てるね!

いくつも出資しておけば、その分収入も増えていくって事だね!

労働収入と権利収入の違いは一体何か?

「ESBI」のクワドラントでそれぞれ異なるのは、”収入を得る方法”です。

「Eクワドラント」と「Sクワドラント」は自分自身が働いた時間や労働力が、そのまま収入になる労働収入であるのに対し

「Bクワドラント」と「Iクワドラント」は自分ではなく、自分以外の人やもの、お金の力を使って収入を得る権利収入となります。

この収入を得る方法の違いによって、得られる収入がかなり異なっていくのです。

労働収入とは一体?

労働収入ではどれだけ頑張って働いたとしても、「自分一人の労働分しか」収入になりません。

EクワドラントとSクワドラントにいる限りは、もちろん収入的に限界があり、自分の自由な時間も得られず、

さらには労働力を切り売りしなければならないので、万が一自分の身に何かあった時には収入が0になってしまいます。

権利収入とは一体?

権利収入では「自分以外のお金、人、モノの力」を使って収入を得る事ができるので、入ってくる収入に限度がありません。

BクワドラントとIクワドラントのような収入の得かたができれば、収入に限りはなく、かつ自由な時間も得ることができますし

自分以外のお金、人、ものが働いてくれるので、万が一自分の身に何かあった時でも、継続して収入を得る事ができるのです。

多くの収入、そして自由な時間を両方得るには?

入ってくる収入を大きく増やし、同時に自由な時間を得るためには「Bクワドラント」か「Iクワドラント」になることが必須です。

「Eクワドラント」に属しながら、「いつか大金を稼いでみたい」「いつか自由な時間を得てゆっくり過ごしたい」と思っていても、手に入りにくいと言えます。

この「時間」「お金」の2つを手に入れたいのなら、クワドラント(収入の得かた)をE→S→B→Iと移動していく事が必要です。

ですので、今の自分の収入の得かたが、理想とする生活に直結しているのかどうかを今一度考えることが大切です。

今は「Eクワドラント」だけど、絶対「Iクワドラント」まで上り詰めてやる!!

最後に

一生懸命働いてもなかなか収入が上がらない…とお悩みの方は、仕事のやり方や内容に問題点が存在するのではなくて、「収入を得る方法」が間違っているケースが多く見られます。

どのような収入の得かたをするかで、収入だけでなく、人生において一番大切な「時間」も左右されていきますし、何より人生の幸福度も変わっていきます。

一度の人生なので、今回お伝えしたESBIを理解して、自由な時間とお金を得るためにはどうしたらいいかを今一度じっくり考えてみるといいですね。

【不労所得ランキング】初心者でも不労所得で生活できるおすすめの方法10選 この記事を読んでいるあなたも一度はそう考えたことはあるかと思います。働かずにお金が入ってくるような生活が送れたら、毎日好きなこと...
【最新】儲かるビジネス5選〜これから独立を考えている人向け〜 勤め先の会社に行き来するだけの毎日。上司からのきつい罵声を浴びてため息をついて帰る帰り道にふと「今の仕事をやめてすべてから解放さ...