絶対に上位表示するための、SEOライティングチェックリスト&執筆フロー

検索で上位表示するためには、記事の書き方に工夫が必要です。

記事執筆時には、以下の執筆フローとチェックリストを確認しながら記事を執筆してください。そうすれば必ず上位表示が可能になります。

記事執筆フロー①対策キーワードの選定

①-1 まず、作成してあるキーワードのリストの中から今回執筆する内容を選択する。

(例)副業 クラウドワークス

①-2 http://aramakijake.jp/ で検索ボリュームをチェック

(例)副業 クラウドワークス:36/月間

<チェックリスト>

  • 例えば『副業』単体など、ビッグキーワードは執筆難易度が高いので慣れるまでは絶対避ける。
  • 慣れるまでは検索ボリュームは多くても1000以下
  • 10~100でも書く価値は十分にある

 

記事執筆フロー② リサーチ

②-1 実際に対策キーワードでgoogleの検索にかける

②-2 上位3記事~10記事程度を実際に開いてチェック

→基本的に上位表示されているページの内容=検索者のニーズ。いくらキーワードを対策しても、ニーズとかけ離れた内容だと上位は取れない。

(NG例)
『アフィリエイト やり方』というキーワードなのに、ひたすらマインドセットを語る

<チェックリスト>

  • Chromeプラグイン『MozBar』でドメインパワーを確認
    (10~20程度だと割と弱いので狙えるかも?)
  • 競合の記事の内容を確認。以下のリストと照らし合わせて勝てるかどうかを考える。

    ①競合サイトの記事の内容は詳しいか?

    →その内容より良い内容を書ける自信があればねらい目

    ②競合サイトの記事が更新されたのは最近か?
    →かなり古い記事ならねらい目

    ③見出しはきれいに揃っているか?ガタガタではないか?
    →見出しが設定されていない場合、SEO対策されてないので勝てやすい

    ④見るからにしょぼいページではないか?
    →見るからにしょぼいページなら勝てる場合が多い

    ⑤知恵袋などQ&Aサイトが上にあるか?(あれば勝てるチャンス)
    →個人ブログやメディアでなく、Q&Aサイトが上にあれば上位を取れやすい

②-3 記事の内容について考える

→SEOで結果の出る記事の本質とは、

『そのキーワードで検索する人の多くがドンピシャで求める必要十分な内容を盛り込み、ストレスなく最後まで読めること。』

<チェックリスト>

  • 書こうとしてる記事の内容は、本当検索ユーザーのニーズですか?
  • 倒したい競合の記事よりも、検索ユーザーが求めている内容になっていますか?

※補足)知恵袋で疑問の確認

検索ニーズが分かりづらい場合、対策キーワードで知恵袋の検索にかけてみる。
→検索ユーザーの悩みの種の宝庫。

その悩みと解決策の内容を記事に盛り込むと、ニーズに沿った記事ができやすい。

 

記事執筆フロー③ 構成を考える

いきなり書き出すのではなくて構成から書き始める。以下の記事準備シートを埋めながら、構成を考えていく。

<記事準備シート>

  1. 記事の目的
    (例)検索ユーザーの悩みをしっかり解決する。
  2. 狙うキーワード
  3. そのキーワードで検索する人はどんな人?悩みは?(問題提起)
    →リサーチ時に調べた内容からリストアップ。
    ③の悩みはどうすれば解決する?(解決策・結論)
  4. 記事の仮タイトル
    →まずは仮でタイトルをつける。最後に再度付け直す。
  5. 仮構成
    →構成を先に作る。見出しだけ先に作るのがおすすめ。

このシートが完成したら④に移ります。

 

記事執筆フロー④ 実際に執筆する

以上③までしっかりできたら、実際に記事を執筆していきます。

完璧を求めてしっかりやりすぎても、慣れていない段階だと無駄に時間と労力がかかってしまいます。6~7割のパワーで公開してしまう勇気を持ちましょう。

 

記事執筆フロー⑤ 最終チェック

記事を公開する前に以下のチェックリストに必ず目を通してください。守れていましたら、公開しましょう!

<最終チェックリスト>

  • タイトルタグの(できるだけ)前半に対策キーワードは入っていますか?
  • アイキャッチは設定されていますか?
  • 内容は対策キーワードで検索する読者がドンピシャで求めている内容ですか?
  • 記事説明文(ディスクリプション)は設定してますか?前半に対策キーワードは入っていますか?
  • メタキーワード(コンマ区切り)は設定していますか?対策したいキーワードになっていますか?
  • 見出しは設定されていますか?順番は大丈夫ですか?
  • 見出しに対策キーワードは適度に散りばめられているでしょうか?(6~8割程度)
  • 画像にaltタグは入っていますか?altタグにも適度に対策キーワードは入っていますか?
  • 引用した場合、引用の記載や設定はされていますか?引用タグで囲いましたか?
  • 情報がうまく伝わるように適度に箇条書きを利用していますか?
  • 結論は記事の中にありますか?
  • 変な文章の癖ついてませんか?
  • 適度に改行されていますか?スマホで見たときにも見やすいですか?
  • 画像は軽量化されてますか?200KB以内ですか?
  • 記事のURLは日本語のままじゃないですか?ちゃんと英文字で設定しましたか?
  • 言い切っていますか?『みたいです』とか使っていませんか?