ネットの副業

Youtubeの収入の仕組みってどうなってる?【仕組みを理解して稼ごう】

ここ数年でYouTubeを利用する人はかなり多くなり、YouTubeに動画投稿して稼ぐ人も増えてきています。

これからYouTubeで稼ぐ人はYouTubeの収入の仕組みを理解しているかどうかで稼げる額も変わってきます。

YouTubeの仕組みや副業で稼ぐ方法を詳しく教えて!

なので、今回はYouTubeの収入の仕組みや稼ぐ方法について詳しく解説していきます!

これからYouTubeで稼ぎたい人はぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

Youtubeとは

YouTubeの収入の仕組みの記事のアイキャッチ画像

YouTubeとは、2005年12月に提供が開始された動画共有サイトです。

YouTubeではユーザーが自分で撮影した動画を簡単にWeb上にアップロードし、動画を共有することができます。

ここ数年で、Youtubeに動画を投稿し稼ぐYoutuberという職業も出てきており、今では小学生がなりたい職業ランキング1位にもなっています。

今、日本で最も勢いのある媒体でもあるね!

Youtubeからの主な収入源

広告収入

YouTubeの主な収入源は広告収入です。

広告収入の種類はインストリーム広告、オーバーレイ広告、サイドバー広告があります。

それぞれの説明と報酬発生までの仕組みについて紹介していきます。

インストリーム広告

Youtubeの収入の仕組み「インストリーム広告」

インストリーム広告とは動画の再生前や動画の途中、動画が終わってからなどにテレビCMのように流れる広告のことです。

時間は15秒程ですが、中には5秒から見ればスキップできる広告もあります。

インストリーム広告は広告を全部視聴された際や画面がクリックされサイトへ移動することで報酬が発生します。

オーバーレイ広告

Youtubeの収入の仕組み「オーバーレイ広告」

オーバーレイ広告は画面に大きな広告がブラウザを覆いかぶさるように表示される広告のことです。

普段、スマホやパソコンを見ている時にブラウザに覆いかぶさるように広告が表示された経験がある人も多いのではないでしょうか?

そのほとんどがオーバーレイ広告なのです。

オーバーレイ広告は動画視聴者が広告をクリックした際に報酬が発生します。

サイドバー広告

Youtubeの収入の仕組み「サイドバー広告」

サイドバー広告は動画の右側のサイドバーに表示される広告のことです。

この広告もオーバーレイ広告同様、視聴者に広告がクリックされると報酬が発生します。

広告の中でもこのサイドバー広告が一番クリックされにくいと言われています。

動画の種類によっても見られやすいか変わってくるんだね!

ここまで広告の説明してきて気づいた方もいるかもしれませんが、YouTuberの広告収入はチャンネル登録者数とは全く関係ありません。

広告のクリック数、広告の視聴時間、クリックや1再生あたりの単価で収入が決まっていきます。

なので、これからYoutubeで稼ぎたい人はチャンネル登録者数も大事ですがそれ以上に動画の再生数や視聴時間を意識して動画投稿していきましょう。

企業案件

人気のあるYouTuberになれば企業から商品紹介を依頼され、その商品を動画内で宣伝することで企業から報酬をもらうことができます。

企業はCMなどで広告を出すと膨大な費用がかかりますが、YouTubeではそれに比べて安く済み、

YouTubeもここ最近で影響力がある媒体なのでYouTubeを使って広告を出す企業が最近では増えています。

Youtuberの動画のジャンルと似ているジャンルの企業広告をつくことが多く、

美容に関する動画であれば化粧品や美容グッズの紹介、筋トレ系の動画であれば個人ジムやサプリメントなどの商品紹介もあります。

動画のジャンルと全く関係のないジャンルの広告をすることもあるよ!

自社商品

人気YouTuberであれば自分で商品を作ったり商品をプロデュースして稼ぐ人もいます。

商品の種類は基本的に何でもよく、その人次第で販売する商品が変わってきます。

例えば、自分でファッションブランドを立ち上げ商品を動画で紹介し、購入してもらうことができます。

他にも自分たちで曲を作りCDを販売するYoutuberもいますね。

チャンネル登録者が多い程、沢山の人に宣伝することができ商品の購入者も増えますよ。

チャンネル登録者1万人いれば1万人商品の宣伝をすることができるね!

Youtubeの収入の仕組み

広告収入

広告収入は1再生あたり0.1円〜0.5円ほどです。

動画の時間やユーザーの視聴時間、ジャンルによって単価は変わるので同じYouTuberでも人によって違います。

なので、1再生0.1円であれば100万再生で10万円の収益ということになりますね。

やっぱり人気があるYoutuberは広告単価も高くなるね!

企業案件

企業案件の報酬はチャンネル登録者+1.5円が相場のようです。

その為、10万人のチャンネル登録者がいれば15万円の報酬になります。

なので、チャンネル登録者が多ければ多いほど企業案件からの収入も大きくなります。

しかし、ゲームアプリなどに関する案件であれば多少、収入の仕組みが変わることもあります。

ゲームアプリは投稿した動画のURLからアプリがダウンロードされることで報酬が発生する出来高制がほとんどです。

報酬額は1ダウンロードあたり200円〜500円が相場のようです。

自社商品

自社商品は売る商品によって収入額も変わってきます。

自社商品でよくあるアパレルなどであれば、Tシャツ1着で5,000円程なので100人に売れると50万円の収益になります。

自社商品は動画をみてくれる人も多い程、宣伝することができるのでまずは動画を視聴してくれる人を増やす努力をしていきましょう。

最初は自分のチャンネルを伸ばすことが第一だね!

Youtubeを使った副業で稼ぐ方法

Youtuber

Youtubeの仕組みを理解して副業で稼ぐ「Youtuber」

Youtubeを使った副業の代表的なものとしてYoutuberが挙げられます。

動画のジャンルはエンタメ系やビジネス系、旅行系、ゲーム実況など様々あります。

Youtuberとして稼ぐ為に動画を再生してもらう必要があり、チャンネル登録者数を増やしたりして視聴者を増やさなければなりません。

なので、稼ぐまでの期間は平均で6ヶ月以上かかったりとある程度の時間が必要です。Youtuberは長期的にコツコツ努力できる人が稼げるようになるでしょう。

最初は稼げなくても趣味感覚で楽しんで動画投稿できれば継続して行くことも苦ではなくなりますね。

YouTubeで稼ぐ方法とコツを紹介した記事のアイキャッチ画像
【2020年版】Youtubeで稼ぐ!ユーチューブの広告収益で稼ぐ方法とコツを伝授します! 「Youtube(ユーチューブ)」に動画を投稿し、その広告収入で生活をする「Youtuber(ユーチューバー)」と言う職業が認知...

動画編集

Youtubeの仕組みを理解して副業で稼ぐ「動画編集」

動画編集はここ最近で人気が出てきた副業です。

Youtubeに動画投稿の際は動画にテロップやBGMをつける必要があったりと少し手間が必要な作業です。

Youtuberの中にはそんな手間を省く為に動画の撮影だけを行い、後の動画編集は全て代行するという方もいます。

動画編集の収入は動画1本あたり2,000円〜5,000円が相場なので代行数が増えれば稼げる額も増えてきます。

Youtuber専属動画編集代行者として月に30万円以上稼ぐ人もいるので動画編集のスキルを身につければ副業で充分稼ぐことができますよ。

Youtuberの動画編集代行として稼ぐ方法【実際は単価が安いの?】 近年、Youtuberとしての職業も確率し、Youtubeに動画投稿して広告収入や企業案件をこなすことで稼ぐ人も増えてきました。...

まとめ

今回はYouTube収入の仕組みや副業の種類について解説しました。

YouTubeの収入の仕組みを理解したことでその仕組みを利用して他の人よりも効率よく稼ぐことが可能になります。

これから動画市場は5Gの影響でさらに伸びていく市場ですのでかなり狙い目です。

副業でがっつり稼ぎたい人はYouTubeに参入してみましょう。

学生が稼げる副業まとめ12選!!【稼ぎたい人必見】副業に取り組む社会人の方が最近では増えてきましたが、学生でも取り組める副業はたくさんあります。 副業にがっつり取り組めば、バイトや...