ネットの副業

【初心者必見!】フリーランスで稼ぐための案件取りのポイント

フリーランスになろうと思うけど案件ってどうやって見つけるの?

フリーランスにとって案件取りは生活していく為の必須要素です。スキルはあるのに仕事が見つからず、伸び悩むこともあり、

フリーランスになるまでは自分の理想の仕事や収入が得れると思っていたのにいざフリーランスになると思っていた生活と全然違う。なんてことも多々あります。

今回はそんなフリーランスとしての生き方に苦労しない為にも、高単価の案件を取る際のポイントなどフリーランスにとって覚えておきたい内容をお伝えしていきます。

フリーランスの案件取りで注意しておくこと

仕事が不安定である

フリーランスの最大のデメリットは仕事が不安定ということです。会社員とは違い、フリーランスは自由ではありますが不安定です。

「せっかくフリーランスになったのに仕事がなかなか見つからない」なんてこともあります。仕事がなければ、もちろん収入もありません。

フリーランスとしてメリットもあれば当然デメリットもあります。そんなリスクを前提の上で活動しなければいけません。仕事が見つからず、苦労しない為にはどんな行動をすれば良いのか考えていく必要があります。

仕事内容と収入が釣り合っていない

フリーランスとして仕事を見つけても時間に追われてばかりの毎日では、就職している時と変わりありません。

始めのうちは、スキルアップの為に仕事を多くこなすのも大事ですが、スキルが身につけばできるだけ効率よく稼ぐことを意識しましょう。

スキルが高ければ高いほど、高単価の案件も多くなっていきます。効率化していくことで時間単価をあげるのもフリーランスの特権です。

同じ仕事内容でも受注先によって単価が結構変わるんだね!

フリーランスで案件を取る際のポイント

クライアントとの信用を積んでおく

フリーランスにとってクライアントとの信頼関係は特に重要です。クライアントと関係が良ければ、最初は単発の仕事でもそこから継続的に仕事を任せてもらえることがあります。

継続的な仕事が一つあるだけで、不安定なフリーランスにとっては少し安心でき、自信にも繋がります。その自信がさらに仕事をするモチベーションにも繋がるのです。

また、クライアントが知人に自分のことを紹介してくれそのまま仕事に繋がるということもあります。このように、クライアントとの信用が高い人ほど、仕事を見つけるのも容易になっていきます。

フリーランスにとってスキルはもちろん大事ですが、それ以上に信用を積む為のコミュニーケーション能力も重要になっていきます。

スキルがある人は高単価の案件を選ぶことを意識する

先程もお伝えしましたが、スキルを身につけることで短い時間で高単価の案件を取れるのはフリーランスにとって最大の特権です。

特にフリーランスエンジニアとかであれば、少しのスキルを持ってるエンジニアはたくさんいますが現場経験を数年積んでフリーランスエンジニアとしてスキルを持ってる人はなかなかいません。

フリーランスとしてスキルが高い人は企業にとって即戦力になるので重宝されます。フリーランスとして生きていくには単価の低い案件は捨て、高単価のものだけを選ぶ決断力も大事でしょう。

地方に比べ、東京や大阪の都会だと案件の数や高単価のものも多くなるみたいだね!
【初心者必見!】プログラミングで稼ぐ為のおすすめ言語5選 プログラミング学習をこれから始めようと思ってる方が最初に悩むのが言語の選び方です。 学習を始めたいけど、「言語の種類が多す...

フリーランスの案件の取り方

フリーランスエージェントに登録する

フリーランスが求人を見つけるためにフリーランスエージェントに登録する

フリーランスはまず初めにエージェントサイトに登録することをオススメしておきます。

フリーランスエージェントはフリーランスとクライアントとの間に立って、仕事の受発注を代行してくれるサービスです。簡単に言えば、フリーランスとして仕事を見つける為のサポートをしてくれるものです。

フリーランスエージェントを登録するメリットとしては仕事を見つけやすいのと他に福利厚生を受けることができるエージェントサイトによって中にはあります。

フリーランスエージェントは数多く存在し、代表的なものであればレバテックフリーランスギークスジョブなどがあります。

エージェントサイトによってエンジニアやライターなど仕事の種類による求人数も変わってくるので、自分の見つけたい仕事はどのエージェントサイトに多いのか事前に調べてから登録しましょう。

メリット    

・エージェントが仕事を提案してくれるので仕事を見つけやすい

・福利厚生を受けれるエージェントサイトもある

デメリット

・利用する際には仲介手数料が発生する

既存顧客/同業者に紹介してもらう

フリーランスが既存顧客から案件を獲得するイメージ画像

会社員からフリーランスになる方は会社員時代にお世話になった既存顧客がいるはずです。

そのような既存顧客は信頼関係もできている為、仕事をもらえる可能性が高くなります。

また、フリーランスの交流会や勉強会にも積極的に参加しておくのもいいでしょう。同じフリーランス仲間の人脈を作っておくことで情報交換ができ、案件を紹介してもらうこともあります。

フリーランスの人の仕事の取り方の半分近くがこの既存顧客や同業者からの紹介ですので、この方法がフリーランスにとって比較的やりやすいものだと思われます。

メリット

・信頼関係がある為、仕事が取り組みやすい

デメリット

・知人であれば相場より低い価格で仕事を引き受けてしまう。

クラウドソーシングで見つける

クラウドソーシングを利用してフリーランスの案件を獲得する

フリーランスとして仕事がまだ少なく、既存顧客がいないなど収入が安定していない人が利用すべきなのがクラウドソーシングです。

クラウドソーシングはオンライン上で仕事の発注、受注ができるものです。仕事の内容は幅広く、スキルがあまりない方でも簡単に取り組めるものもあります。

クラウドソーシングはスマホ一つで仕事を見つけることができるので取り組みやすいですが、全体的に単価が低い傾向があります。

また、クライアントが依頼内容に関して全く知識がない状態の場合もあり、やりとりでストレスを感じることもあります。

そういったデメリットもありますが、フリーランスにとっては都合のいいサービスでもあるので一度、チェックしておきましょう!

メリット

・フリーランス初心者でも取り組みやすい

・時間が空いた時に仕事を見つけることができ、短時間でできるものも多い

デメリット

・全体的に案件の単価が低い

・クライアントによって仕事がスムーズにいかない場合がある

【初心者向け】クラウドソーシングで稼ぐ方法とおすすめサイト5選時間や場所を選ばず仕事ができると評判のクラウドソーシング。在宅で仕事に取り組みたい主婦の方や、仕事終わりの時間を有効活用したいサラリーマ...

企業やSNSで直接営業する

直接営業をしてフリーランスの案件を獲得するイメージ画像

フリーランスになりたてで仕事がない人は企業に直接メールをして営業をかける人もいます。最近ではTwitterなどで自分のポートフォリオなど実績を発信をして仕事を受注する方も多いです。

直接営業から案件を取ることができればクラウドソーシングよりもスキルアップを短期間ででき、また、報酬もクライアントによりますがそれなりにもらうことも可能です。

しかし、直接営業の場合、案件をもらうまでに多少の労力がかかります。中にはWEB制作会社に100件以上メールを送ったなんて方もいます。

そういったことを考えると、フリーランスエージェントなどに登録してより早く仕事を見つけるやり方の方がいいかもしれませんね。

メリット

・クラウドソーシングよりもスキルが身につく

デメリット

・仕事を見つけるまでの労力がかかる

【最新】儲かるビジネス5選〜これから独立を考えている人向け〜 勤め先の会社に行き来するだけの毎日。上司からのきつい罵声を浴びてため息をついて帰る帰り道にふと「今の仕事をやめてすべてから解放さ...

まとめ

今回はフリーランスの方の案件の取り方についてお伝えしました。

フリーランスにとって案件を受注できるかどうかが今後のフリーランス生活にとって重要になってきます。

案件の取り方もいくつか方法があるので自分にあった方法で獲得していきましょう。

【初心者必見!】フリーランスになるために重要なことをまとめてみた 日本ではまだフリーランスとして生きていく人は全体の17%と数少ないですが、アメリカでは50%近くの人がフリーランスとして活動して...