お小遣い稼ぎ

警備バイトってどうなの?【仕事内容や時給、メリットを紹介!】

警備バイトと聞くと「キツイ」「大変そう」とイメージする人も多いかもしれませんが、実際はそんなこともありません。

仕事内容自体も難しいわけではなく、警備初めての方でも数回働けば覚える事ができます。

警備バイトって具体的にどんなことをするの?

今回はそんな警備バイトの仕事内容や時給、始めるメリットについて紹介していきます。

内容も短く3分で読む事ができるので最後まで読んでくださいね。

警備バイトのメリット

仕事内容が簡単

警備バイトの仕事内容は簡単なので、初心者の方でも数回こなすとある程度覚える事ができます。

通行人を通すために車両を止めたり、交通事故を防ぐために順番に車両を誘導するなどが主な仕事内容です。

もちろん適当にやると交通事故の原因になるので、手を抜くことは許されなく責任が大きい仕事です。

とは言え、単純作業なのでやっていくうちに慣れていきますよ。

【最新】儲かるビジネス5選〜これから独立を考えている人向け〜 勤め先の会社に行き来するだけの毎日。上司からのきつい罵声を浴びてため息をついて帰る帰り道にふと「今の仕事をやめてすべてから解放さ...

休憩時間が多い

警備バイトは休憩時間が多いバイトです。

働く場所にもよりますが2時間に1回30分休憩があったり、

1人で警備できるとこをトイレなど途中で抜けた時にも対応できるように2人を配置して実質、片方は休憩できるなんてこともあります。

また、休憩時間中も給料が出ている警備バイトも多く、8時間労働だけど実質は6時間しか働いていないなんてこともよくあります。

休憩が多いバイトは嬉しいね!

コミュニケーション能力がなくてもできる

警備員は基本的に持ち場に一人なので、他の人と会話をすることなく仕事をしていきます。

その為、人とコミュニケーションを取るのが得意でない人でも取り組めるお仕事です。

会話の機会は少ないとはいえ、業務の連絡事項や通行人から道を聞かれたりすることはあるので覚えておきましょう。

僕も人とコミュニケーションを取るのが苦手だから警備バイトを始めようかな、
自宅で簡単に取り組める副業8選【忙しい方必見!】 あなたは隙間時間ができた時にふと「自宅でもすぐに稼げる副業とかあったらいいのになぁ」と思ったことはありませんか? 休みの日...

給料の支払いが早い

警備バイトの給料は日払いや週払いの会社が多いです。

日払いや週払いバイトであれば急遽お金が必要になった時にかなり便利です。

なので、大学生の掛け持ちのバイト先として警備バイトを始めるのも良いかと思います。

大学生は飲み会や旅行で急にお金が必要になることも多いので二つ目のバイト先としておすすめです。

日払いバイトがあれば気持ち的にもかなり楽だね。

警備バイトのデメリット

立ち仕事で疲れる

当たり前のことですが基本的に警備バイトは立ち仕事です。

休憩時間以外は座ることはなく、交通事故が起こらないように歩行者や車両の案内を行います。

休憩時間が取れず長引くと足を疲れ体力も削られます。なので、警備バイトはある程度体力に自信がある人におすすめのバイトです。

最初は慣れなくて筋肉痛になるかもしれないね!

天候が悪いときつい

警備バイトは天気や気候の影響をもろに受けます。

大雨や雪が降った日でも仕事をするときもあり、それによって風邪を引いてしまうことももちろんあります。

また、夏は暑く、冬はとても寒いので体力も削られてしまいます。

冬であれば、警備服の下に重ね着をする事ができますが、夏は最低でも警備服を切る必要があるので思ってる以上に過酷な現場になります。

警備バイトを始めるのであればそういったデメリットがあることを知っておきましょう。

社会人におすすめの副業7選!【稼げる副業のみを厳選!!】就職して社会人になったものの会社からの給料が少なく、趣味や娯楽に使えるお金が少なくて悩んでいる人は多くいます。 今では副業が解禁さ...

単純作業なので飽きやすい

先ほどもお伝えしましたが、警部バイトの仕事は単純なので覚えやすく簡単ですが、その分飽きやすいです。

居酒屋バイトなどバイト同士で仲良くなったり、休日に一緒に遊ぶことも少なく仲が深まることもあまりありません。

お金を稼ぐ為にバイトするのであれば良いかもしれませんが、和気藹々とバイトをしたい方にはおすすめしないアルバイトです。

メリットもあればもちろんデメリットもあるね!

警備バイトの種類と仕事内容

施設警備

警備バイトの種類「施設警備」

施設警備はスーパーやショッピングモール、遊園地などの商業施設で人員誘導や交通整理を行う警備のことです。

基本的に一人で対象の場所を監視し警備します。長時間の立ち仕事で一人の為、体力的にも精神的にも負担がかかる仕事です。

施設警備のバイトをする大学生もたくさんいるね!

イベント警備

警備バイトの種類「イベント警備」

ライブやお祭りなどのイベント会場の警備を行うのがイベント警備です。

イベント会場にはたくさんの人が集まるので混乱が起こらないように誘導する仕事です。

アーティストのライブ中は曲が聞けたり、パフォーマンスを見る事ができることもあるので仕事中の楽しみの一つになります。

無料でライブがみたい方はイベント警備の他にコンサートスタッフなどもおすすめです。

交通誘導警備

警備バイトの種類「交通誘導警備」

工事現場などで交通整理が必要な時に行うのは交通誘導警備です。

道路工事の現場は普段の現場と違い、事故が起こりやすくなっているので事故が起こらないように車両や歩行者を誘導していきます。

道で誘導している人は社員の方以外にアルバイトがすることもあります。

住み込み警備

警備バイトの種類「住み込み警備」

管理ビルなどに住み込み建物の巡回警備を行うのが住み込み警備です。

住み込み警備の場合、家賃も安く、お金を使うことが少なくなるので貯金したい方にはぴったりです。

住み込み時の条件は場所によって様々なので、はじめ前にネットで一度調べてみましょう。

警備バイトと言ってもいろんな種類があるんだね!

警備バイトの時給

警備バイトの平均時給は1,000円前後です。

警備バイトのほとんどが最初に研修があるので最低時給など時給が低いこともありますが、研修を終えたり、数年経験していくことで時給が上がることもあります。

とはいえ、休憩時間が多く、その時間も時給が発生する事が多い警備バイトなので給料的には良いアルバイトと言えるでしょう。

また、警備バイトと言うと男性のイメージがあるかもしれませんが女性でも警備バイトで稼ぐ人は多くいるので女性の方も興味があれば応募してみましょう。

手っ取り早く稼ぐ方法18選【安全にお金を稼げる方法だけを厳選‼︎】 出費が重なり金欠になってしまって急ぎでお金が必要な時は誰しも必ずありますよね。次の給料日まで待つ…と言ってもさすがに日数が長けれ...

まとめ

今回は警備バイトの仕事内容や時給、メリットについて紹介しました。

警備バイトはバイトを経験した事がない人でも簡単に仕事を覚える事ができるバイトです。

特別難しい作業もなく、給料も良いので興味がある人は応募してみてくださいね。