ネットの副業

【急増中のフリーランス美容師】メリットやデメリット、年収をまとめてみた

フリーランスの美容師が急増しているみたいけど普通の美容師と何が違うの?

美容師といえば、サロンに所属している美容師の事をイメージする人が多いですが、他にもサロンから独立して自分のお店を持つ美容師、フリーランスとして働く美容師など同じ美容師でも働き方は様々です。

その中でも今回は最近増えつつある、フリーランス美容師の働き方について触れていこうと思います。

実際の働き方やメリット、給料などをお伝えしていくのでこれからフリーランスになるのを考えている人には必見の内容となっています!

フリーランス美容師とは

フリーランス美容師のイメージ画像

フリーランス美容師は名前の通り、フリーランスとして働く美容師のことです。

フリーランスといえば、エンジニアやライターなど違う職種をイメージする人も多いかもしれませんが、近年では美容師でフリーランスになる人も年々増加しています。

フリーランス美容師の働き方として業務委託面貸しの2種類の働き方があります。

業務委託の働き方は業務委託型の美容室で働く形です。業務委託型は働く店舗や道具、集客などは全て会社が行い、髪を切るのがフリーランスの役割です。

面貸しはフリーランスそのものといえる働き方です。美容室の場所を貸し出ししている所から自分で場所を借り、営業するというものです。

【初心者必見!】フリーランスになるために重要なことをまとめてみた 日本ではまだフリーランスとして生きていく人は全体の17%と数少ないですが、アメリカでは50%近くの人がフリーランスとして活動して...

フリーランス美容師になるメリット

働き方が自由

フリーランスといえば、自由なイメージがある方も多いのではないでしょうか?フリーランスの美容師も同じことが言えます。

サロンに所属していれば、営業時間には必ず勤務していなければいけません。例え、自分の担当のお客様がいない時間帯でも帰宅することなどできません。

しかし、フリーランス美容師は自分の担当のお客様がいる時にだけ働くことができます。その為、お客様次第で朝遅く出勤したり、早めに退社する事も可能です。

空いてる時間は他のことに時間を費やせるのもフリーランス美容師ならではと言えます。

人間関係で悩まない

人間関係のストレスで悩んでいる会社員は多くいますが、サロンに所属することがない為、サロン内での人間関係で悩む事も少なくなります。

苦手な人がいても最低限の関わりで済ませることができます。業務以外のストレスに悩まされることもなく働くことができるのは気持ち的にもかなり楽です。

仕事自体は好きなのに人間関係がちょっと、、、という人にはフリーランスで働くのが良いかもしれないね!

お客様とマンツーマンで対応できる

サロン勤務の美容師であれば、一度に複数のお客様の対応をすることも多々あります。

美容院ではお客様を対応している時に、他のお客様には少し待機してもらうこともよくあることです。

フリーランスの美容師であれば、こうした待ってもらう時間などもなくなります。最初から最後までマンツーマンで対応するので一人のお客様に満足していてもらえるサービスを提供することができます。

より深くお客様と関わることで、リピートもしてくれやすくなり、固定客の数によって収入も大きく変わってきます。

フリーランス美容師になるデメリット

教育環境がない

サロンに所属をしているときは、先輩に技術を教えてもらったり、後輩に教えるということもでき、教育環境が日々ある環境でした。

しかし、そういった環境がなくなるので直接教育してもらう機会が減ります。技術力を衰えさせない為にも自分から進んで成長していく努力が必要と言えるでしょう。

自分でセミナーや講習会に参加したり、Youtubeなどネットを使ってスキルアップする人もたくさんいます。

人間関係で悩みがなくなるというメリットもありますが、それは教育環境をなくすことにもつながるので注意しておきましょう。

収入が不安定

会社員と違って、固定給ではないので収入が不安定になります。

自分の顧客がいなくて、売り上げがなければもちろん収入はゼロになります。特にフリーランスなりたての頃は顧客も少なく、生活も慣れていないので苦労することも多いです。

自分が頑張れば頑張るほど、収入が増えるというメリットもありますがその反面、不安定であるとも言えます。

なので、他に保険として副業など収入源が一つでも多くあれば、フリーランス生活もかなり楽になってきます。

確定申告を自分で行う手間がある

サロン所属時には会社が年金や健康保険などの手続きを代わりにしてくれていましたが、フリーランスとして活動するとなれば、それらの手続きを自分で行う必要があります。

自分で事務的な作業が増えてしまうのは仕方がないことですが、確定申告は知識の理解から実際に行うのにも時間を取られます。

ある程度、収入がある方は税理士に確定申告を依頼し、作業を全て任せるということもできます。

フリーランスは仕事以外のことの作業も少し増えるね

フリーランス美容師の平均年収

まず一般的な美容師の平均年収は280万程と言われています。日本の会社員の平均年収が420万円ぐらいなのに比べると低いということが分かります。

ですが、美容師の中でもカリスマ美容師と言われるぐらいになれば、年収800万円以上の人もいます。

フリーランス美容師の給料は正直なところ、人によってかなり変わってきます。独立前にカリスマ美容師と言われるぐらいの実力があればすぐに稼ぐこともできるでしょう。

また、自分で料金設定を決めるのでそれらによって収入がかなり変わってきます。

ですが、独立したてはやはり顧客も少ないのでどうしても収入は少なくなります。その状態から早く抜け出すためにはいかに集客力があるかが鍵になってくるでしょう。

フリーランス美容師で活躍するための方法

技術力をつける

フリーランス美容師として活躍するために技術力は必要不可欠です。フリーランスはサロンで働くよりも自分一人でお客様と接していくのでお客様に満足してもらえるサービスを提供する技術力が必要です。

技術力はフリーランスになってからつけるのは少し厳しいです。なぜなら、フリーランスだとサロンに営業、集客などやる事も増え、スキルアップの時間があまり取れないからです。

その為、フリーランス美容師として活躍するためのスキルはサロンに所属している時につけておきましょう。

集客力がある

現代では、美容院の集客方法も様々です。インターネットを使ってサロン情報を宣伝したり、instagramなどのSNSを使って広告するところも多くあります。

この集客方法はフリーランスとして活躍するためには特に重要になってきます。一般のサロンであれば、何度もリピートしてくれる既存顧客やある程度の知名度もあるため、お客様はきてくれます。

ですが、フリーランス美容師となれば、サロンではなくあなた自身に髪を切ってほしいと思う顧客を作らなければなりません。

その為にも他の美容師より優れているあなたの長所などアピールし、宣伝、集客することが重要になってきます。

人気の美容師の人ほど、この集客方法が上手いので他の集客方法を参考にしてみましょう。

【初心者必見!】フリーランスで稼ぐための案件取りのポイント フリーランスにとって案件取りは生活していく為の必須要素です。スキルはあるのに仕事が見つからず、伸び悩むこともあり、 フリー...

まとめ

今回は現在、急増中のフリーランス美容師についてお伝えしました。

美容師といっても様々な働き方があり、それぞれメリット、デメリットがあります。あなたに合った働き方を見つけることが大事です。

どの働き方でも結果が出るための正しい努力を行えば、必ず活躍することができるので頑張ってくださいね!

フリーランスの仕事探しでやるべき行動【失敗する人の特徴とは?】 フリーランスで稼ぐのが難しいのは仕事探しが大変ということです。仕事があれば収入はいくらでも増えますが、なければゼロになる可能性も...