ネットの副業

フリーランスの仕事探しでやるべき行動【失敗する人の特徴とは?】

フリーランスの仕事探しって結局何をすればいいんだろう?

フリーランスで稼ぐのが難しいのは仕事探しが大変ということです。仕事があれば収入はいくらでも増えますが、なければゼロになる可能性もあるのがフリーランスです。

フリーランスで稼げるかは仕事探しがうまくいくかどうかといっても過言ではありません。

現在は、フリーランスとして活動する人が増加し、今では働く人口の6分の1がフリーランスであると言われていますが、その中でも年収1000万円を超える人は一部です。

フリーランスで成功するためにも今回はフリーランスの仕事探しにおいて失敗している人の特徴や稼ぐための仕事探しの方法についてお伝えしようと思います!

フリーランスの仕事選びで失敗する人の特徴

フリーランスは会社員と違って自由ですが不安定な職業です。その為、様々なリスクを回避しながら生活していかなければいけません。

フリーランスが陥りやすい具体的なリスクは以下です。

・低価格で仕事を受けて効率悪くしてしまう
→最低限の価格や内容など自分の中でルールを決めておく

・オーバーワークで体調を崩す
→健康面は常に気を使い、休息日を取る

・クライアントとの関わりに気をつける
→報酬未払いなどの問題に対処できる能力

スキルアップを怠る→成長しないとできる仕事も減っていく

低単価で仕事を受けて単価効率悪くしてしまう

フリーランスになりたての方は「仕事がもらえるだけありがたい」と思い、ついつい低単価で仕事を請け負う傾向があります。もちろん、それも大事ですがその傾向がダラダラと続くといつまでたっても高い収入を得る事ができません。

また、友人からの仕事の依頼があればついつい無料や友人価格で安くしてしまいます。自分もフリーランスとして生活していかないといけないので友人とクライアントの線引きはしっかりしておきましょう。

フリーランスであれば自分の中で最低限の価格や内容などルールを決めておきましょう!

オーバーワークで体調を崩す

フリーランスは自分が働けば働くほど、稼ぐこともできるのでついついオーバーワークで仕事をすることも多くなります。

しかし、生活リズムを崩すことで体調も崩しやすくなります。体調を崩してしまうと仕事ができなくなり、結果的に効率が悪くなってしまうので1週間に1回は最低でも休息日を取りましょう。

フリーランスにとって体力面、精神面の体調管理も仕事の一つと言えます。長期的に活動することを考えると無理しすぎては逆効果です。

クライアントとの関わりに気をつける

ほとんどのクライアントは納品分の報酬をしっかりと支払ってくれますが、中には何かしらの言いがかりをつけて安く済ませようとしたり支払ってくれないクライアントも存在します。

そんな時、フリーランスは会社と違い守ってくれる人がいないため、全て自分で対応しなければいけません。万が一、そのような事が起こっても対処できる準備はしておきましょう。

契約書をしっかり確認したり、信用できる会社なのか事前に調べておく事が大事です。

リスク回避は常に考えなければいけないね!

自身のスキルアップを怠ってしまう

フリーランスで失敗する例として現状維持のままスキルアップしないことで停滞してしまうという事があります。

フリーランスで仕事の受注をしていくとスキル不足で困ることもでてきます。それは良いことでもあり、そのスキル不足を補うために日々、勉強して成長することが大事です。

特に今ではITの進展が早いのでフリーランスエンジニアなどのIT系のフリーランスはスキルアップしていかなければ最前線で活躍する事ができません。

もちろん勉強は大変ですが、自分のスキルが高ければ高いほど、仕事の幅や単価も上がるのでプラスに考えて行動しましょう。

フリーランスが仕事探しの為にやるべき行動

フリーランス向けエージェントに登録しておく

フリーランスが仕事探しのためにエージェントサイトに登録する

フリーランスであればフリーランス向けのエージェントには必ず登録しておきましょう。

フリーランス向けのエージェントとはスキルや希望に合った仕事を紹介し、契約手続きなどを代行してくれるサービスのことです。

エージェントに登録することで自身が営業活動する必要がなく手間が省けます。しかし、エージェントで仕事を獲得すると手数料が取られるのでその点は少しデメリットになります。

ですが、不安定なフリーランスにとってエージェントは助かる存在になるのは間違いありません。

エージェントサイトによって仕事内容も違うみたいだから比較して選んだ方が良さそうだね!

勉強会やイベントによる人脈作り

フリーランスが仕事探しのためにイベントや勉強会で人脈を作るイメージ画像

フリーランスになりたての頃はフリーランスとしての生活や税金のことに関しての不安も出てきます。

そんな時に相談できるフリーランスの知人がいれば心強いです。フリーランスにとって縦のつながりも大事ですがこうした横のつながりも大事になってきます。

今ではフリーランス向けの勉強会やイベントが全国で開催されているのでネットで調べて参加しましょう!

また、フリーランスの友人がいれば、相談相手になる他に仕事を振ってもらえる可能性も出てくるので人脈が多い方がフリーランスとして長期的に活躍しやすいと言えます。

ブログやSNSによる情報発信

フリーランスが仕事探しのために情報発信をするのは重要

フリーランスが仕事探しをする上でブログやSNSで情報発信をしておくのは非常に役に立ちます。

なぜ仕事探しに役立つのかというと情報発信をすることであなたの実績やスキルを理解しやすくなるからです。

例えば、あなたの今までの経歴や持っているスキルをブログにまとめておくと、初めて見る方でも「この人はこんな事ができるのか」とすぐに理解する事ができます。

自分を知ってもらうためのツールとして情報発信は効率が良いのです!今では、SNSで自分の考えやスキルを発信して企業から仕事をもらえることも増えてきています。

フリーランスとして活動する人は情報発信を積極的に行いましょう!

情報発信が自分の名刺代わりになるんだね!

まとめ

今回はフリーランスの仕事探しにおいて失敗している人の特徴や稼ぐための仕事探しの方法についてお伝えしました。

フリーランスで失敗する人には共通の特徴があります。今後、フリーランスで生活していきたい人は失敗しないためにも是非、覚えておいてください!

【初心者必見!】フリーランスで稼ぐための案件取りのポイント フリーランスにとって案件取りは生活していく為の必須要素です。スキルはあるのに仕事が見つからず、伸び悩むこともあり、 フリー...
【初心者必見!】フリーランスになるために重要なことをまとめてみた 日本ではまだフリーランスとして生きていく人は全体の17%と数少ないですが、アメリカでは50%近くの人がフリーランスとして活動して...