ネットの副業

Youtube広告の種類を徹底解説!【うまく使い分けて稼ごう】

Youtubeは動画を投稿するだけでは報酬は発生しません。

動画を見ている視聴者が動画に貼ってある広告を見ることで報酬が発生します。

Youtubeでこれからお金を稼ぐ為にはYoutubeに記載される広告の種類について知る必要があります。

広告の種類を知ってうまく使い分けることで、報酬額も変わってくることもあります。

Youtube広告の種類ってどんなものがあるの?

今回はそんなYoutube広告の種類や使い分け方について解説していきます!

これからYoutube活動していく方はぜひチェックしてみてくださいね。

Youtube広告の種類

TrueViewインストリーム広告

Youtube広告の種類「インストリーム広告」

TrueViewインストリーム広告はYoutube広告の中でも代表的な広告です。

TrueViewインストリーム広告は動画の前後や途中に30秒以上の広告が流れ、5秒後にスキップができる広告のことです。

Youtuberの多くはTrueViewインストリーム広告を本編動画の前に再生する人が多く、今では主流となっています。

また、TrueViewインストリーム広告を表示させる為には動画が10分以上でなければいけません。

その為、Youtubeのほとんどの動画が10分以上で投稿されています。

【TrueViewインストリーム広告の報酬発生】

・30秒以上の視聴or広告を最後まで視聴
・広告に対して何かしらの操作(クリックなど)

Youtubeの収入の仕組みってどうなってる?【仕組みを理解して稼ごう】ここ数年でYouTubeを利用する人はかなり多くなり、YouTubeに動画投稿して稼ぐ人も増えてきています。 これからYouTubeで...

バンパー広告

Youtube広告の種類「バンパー広告」

バンパー広告はTrueViewインストリーム広告と似ている広告です。

バンパー広告は動画の前後や途中で6秒間流れる広告のことで、途中で動画のスキップをすることができません。

バンパー広告が流れた後は自動的に本編動画が流れるようになっています。

6秒間という短い時間なので、視聴者に悪い印象を与えることはそれほどありません。

広告を提供する企業側は6秒という短い時間制限が設定されているので、視聴者の印象に残るメッセージを簡潔に伝える必要があります。

【バンパー広告の報酬発生】

・1,000回表示で収益発生
(インプレッション課金型)

TrueViewディスカバリー広告

Youtube広告の種類「Trueインディスプレイ広告」

TrueViewディスカバリー広告はYouTubeの検索枠で検索した結果画面や、動画視聴中に右横の関連動画欄に表示されます。

インストリーム広告と違って、本編の動画内では再生されることがなく、ユーザー自身が広告をクリックすることで広告が流れます。

TrueViewディスカバリー広告は広告に興味を持ったユーザーがクリックすることで報酬が発生します。

このように広告がクリックされたら料金が発生する広告をクリック課金型の広告と言われています。

【TrueViewディスカバリー広告の報酬発生】

・ユーザー自身が広告をクリック

バナー広告

Youtube広告の種類「バナー広告」

バナー広告は右側の関連動画の上に表示される広告です。

バナー広告はTrueViewディスカバリー広告と表示される場所も近く、同じだと思われがちですが、クリックした後のリンク先が違います。

TrueViewディスカバリー広告の場合、クリック後はYoutube内の広告動画に移動されます。

一方で、バナー広告はクリック後、外部のWebサイトに誘導されます。

また、広告自体に文字などの宣伝文が書かれているのもバナー広告の特徴の一つです。

【バナー広告の報酬発生】

・広告に対して何かしらの操作(クリックなど)

オーバーレイ広告

Youtube広告の種類「オーバーレイ広告」

オーバーレイ広告は動画の画面下部に小さく表示される画像の広告です。

オーバーレイ広告のメリットは画面下に小さく表示されるので、動画の再生を妨害にしくいという点です。

また、オーバーレイ広告は右上に×表示があるので、そこから広告を非表示にすることができます。

しかし、削除しようとして間違って広告をクリックしてしまうことも多く、その場合もクリックしたと判断され報酬が発生します。

【オーバーレイ広告の報酬発生方法】

・ユーザー自身が広告をクリック

Youtubeを使って効率良く勉強しよう!【時代に合わせた勉強方法とは?】一般的にYoutubeは自分の好きな動画を見て娯楽として楽しむという方がほとんどだと思います。 ですが、Youtubeは勉強ツールとし...

Youtubeで広告を表示する条件

チャンネル登録者数1,000人以上

Youtube動画に広告をつける1つ目の条件としてチャンネル登録者数1,000人以上があります。

チャンネル登録者数1,000人は決して簡単なものではありません。

芸能人やお笑い芸人、インスタグラマー、ブロガーなど他のメディアで何かしらの有名になっている方であれば、

Youtubeでファンを獲得するのもそれほど難しくはありませんが、全くの素人からの挑戦だと達成までの道のりも長いです。

なので、チャンネル登録者数1,000人を達成する為には3ヶ月以上の期間がかかると考えておくほうが良いでしょう。

辛抱強く動画を投稿していかないといけないね!
【最新】youtubeのおすすめジャンル5選【これから始める人向け!】youtubeはここ最近人気の副業で始める人も多く、人気youtuberになれば月収1000万円を超えることもあります。 とはいえ...

総視聴時間が4,000時間以上

Youtube動画に広告をつける2つ目の条件として過去12ヶ月間の総視聴時間が4,000時間以上があります。

こちらも簡単な条件ではありませんが、そこまで気にする必要もありません。

なぜなら、チャンネル登録者数1,000人以上を達成することができれば、視聴時間4,000時間も達成していることが多いからです。

また、新しくチャンネル登録した方は過去の動画を見る人も多いので、登録者数が増えることで見てもらえる動画の時間も増えていきます。

なので、総視聴時間4,000時間以上は時間が経つことで自然と達成できると言えるでしょう。

登録者数1,000人の方がハードルが高いんだね!

Youtubeでお金を稼ぐ為には広告を意識しよう!

広告を使い分けることが大切

Youtubeの広告によって特徴やユーザーに与える印象が変わってきます。

例えば、本編動画の前に時間が長い広告が流れると嫌がるユーザーは多くいます。

本編動画を楽しみにしているのに、そこで広告をみてサービスの登録や商品の購入はほとんど行われません。

ですが、短時間の広告でサービスや商品を認知してもらうのには向いています。

①バンパー広告で商品を認知
②インストリーム広告で商品を理解してもらう
③ディスカバリー広告でアクションしてもらう

上記のようにそれぞれの広告の特徴して使い分けることが大切です。

段階的に広告を使い分けることでユーザーに行動をしてもらいやすくなりますよ。

こういったことも意識していくことで、今までよりも広告収入が増えるようになるでしょう。

一つ一つの広告の役割を把握して使い分けよう!
情報発信をして稼ぎたい!【情報発信のコツやメリットは?】現在はインフルエンサーやYoutubeなど個人で稼ぐ人も増えてきており、個の時代とも呼ばれています。 個人で稼ぐ為に重要になるのが情報...

Youtubeの広告は日々進化している

Youtubeの広告は日々、改善や進化しています。

少し前まではノンスキッパブル広告といった広告がありましたが、現在では使われなくなりました。

ノンスキッパブル広告とは途中でスキップができない広告のことです。

バンパー広告よりも長い広告で15秒、20秒以上スキップができなかったので、ユーザーに良い印象を持たれず、2018年から廃止されました。

このように、Youtube側もユーザーにとって良いコンテンツを提供する為に改善が行われており、今後も広告の種類が変わるかもしれません。

Youtuberとしてお金を稼ぐのであれば、このような変化に対応して動画投稿できると良いでしょう。

Youtuberの動画編集代行として稼ぐ方法【実際は単価が安いの?】 近年、Youtuberとしての職業も確率し、Youtubeに動画投稿して広告収入や企業案件をこなすことで稼ぐ人も増えてきました。...

まとめ

今回はYoutube広告の種類や使い分け方について紹介しました。

Youtuberにとって広告収入はメインの収入源となります。

他にも企業案件やグッズ販売などお金を稼ぐ方法はありますが、まずは広告収入を増やすことを意識して取り組んでみましょう。

インフルエンサーになるには?【仕事や収入など徹底解説!】テレビに出るような芸能人や有名人でなくても今ではSNSで情報発信をする事で一般の方もインフルエンサーとして活躍することができます。 そ...
【重要】Twitter副業で稼ぎたい人はまずはフォロワー数を増やそう!TwitterやInstagramなどSNSは若い世代を中心に絶大な人気を誇っています。 SNSは娯楽としてだけでなく、使い方によ...